<< 2018年6月のレッスン チーズがカリカリ >>

2018年6月のAdvance Lesson

6月のレッスンメニューについて紹介させてください。

新メニューとして、「天然酵母オレンジブリオッシュ風食パン & ミルキーコッペパン」を用意しております。

「オレンジブリオッシュ風食パン」は 卵を使わずに「ブリオッシュ風」の生地を作り上げ、柑橘系の爽やかな風合いをプラスした、初夏にぴったりのパンです。 こちらで、熱く語っております。 ↓

もうひとつは「ミルキーコッペパン」。
今更ながら、「コッペパン」の偉大さに気づいた私。 そのまま食べても良いし、アーモンドクリームや餡バター、ミルククリームをはさむと甘い菓子パン風になり、ソーセージやレタスをはさむとおかずパンになって万能。
自分が毎日お弁当を作るようになって、こういうパンを常備しておけば、お弁当にも使えると見直した次第。

主張しすぎないけれど、そのまま食べてもほんのり美味しいコッペパンをご紹介したいと思います。



その他のAdvanceメニューは次のとおりです。
(初心者のかた向けのBasic Lesson もございます。)

Advance Ⅰ  「天然酵母エピ
「エピ」といえば、フランスパン生地にベーコンを巻き込んで切りこみを入れた「ベーコンエピ」が有名ですよね。Fikaのレッスンでは、ブラックペッパーやチーズ、オニオンなどを用意しますので、お好きな具をベーコンと組み合わせて、巻き込んでいただければと思います。
また、クリームチーズにドライフルーツを混ぜた、ちょっと甘めのエピや、プレーンで焼き上げて、スライスして具をはさむ「エピサンド」もご紹介します。前回ご紹介したときには「こんな組み合わせがあったんだ!」「なんで今までなかったんだろう」と好評をいただきました♪。

生地のほうは、天然酵母と微量イースト(+自家製酵母)の2種類を作って、食べ比べをする予定です。

d0162092_06424371.jpg

AdvanceⅡ 「天然酵母 カンパーニュ&タルティーヌ

ビタミンBや食物繊維が豊富なライ麦を入れて、じっくり一晩発酵させた生地を大きく焼き上げていきます。ピキピキと音を立ててはじけていく焼き上がりの香ばしさと奥深さ。パン作りをはじめたからには一度はトライしてみたいパンですね!
教室ではパヌトン(発酵用のかご)を使って1人1台、大きく焼き上げて、お持ち帰りいただきますが、パヌトンがなくても、家庭用オーブンでもしっかり作れるよう、工夫して焼き上げていく方法もお伝えします。

そのまま食べていただいても、もちろん美味しいのですが、サンドイッチやタルティーヌにすると、さらに楽しめます。
見本のパンを使って、タルティーヌ(2~3種)も一緒に作って、ランチタイムを楽しめたらと思っております。


d0162092_13100400.jpg


d0162092_13105607.jpg
 
AdvanceⅢ 「天然酵母チャバタ&バナナブレッド」
チャバタ(チャパタ)は、高加水の生地で作るスリッパという意味のイタリアのパン。
シンプルな生地に水分を90%以上入れて生地作りをしていきます。みずみずしくて、もちっとしていて、天然酵母のチャバタは本当に美味しい。高加水の生地ゆえ、今までのFikaのこね方とは異なる、新たなこね方ををご提案したいと思います。

サブメニューは「バナナブレッド」。天然酵母の特長を生かして、ずっしり&しっかりタイプのバナナブレッドにしました。しっとり生地だけど重すぎず、後を引く。薄くスライスして食べると「もう少し食べたい」「あと1枚」と、止まらなくなり危険。
 


お申し込み、お問い合わせは、
こちら をクリックし、メールフォームに必要事項を記入の上、お送りください。
又は、このブログの非公開コメントにお名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、ご希望日程を記してお送りください。

次のメールアドレスへのお申し込みも可能です。  →  tomoppeniconico@yahoo.co.jp



皆様のお越しをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

by tomoppe-niconico | 2018-05-19 13:37 | レッスンの募集(お知らせ) | Comments(0)
<< 2018年6月のレッスン チーズがカリカリ >>