<< 見た目も大事 栗のマーブル食パンの試作など >>

ベラベッカとシュトーレン

d0162092_10404316.jpeg

クリスマスといえば、「シュトーレン」、かと思うのですが、私はここ2〜3年、クリスマスには「ベラベッカ」を作っております。



「ベラベッカ」はフランスアルザス地方で冬に食べられるお菓子。言われているそう。


たーっぷりのフルーツとナッツ類をつなぐ生地には、バター、卵、乳製品、そして、砂糖を入れておりません。少し入れたスパイスがアクセント😊。



薄く切って「1枚ずつ」「少しだけ」と食べるも、1枚で終わらない😅。


と、「ベラベッカ」上げの文を書きつつも、実はシュトーレンも大好きで、パン屋さんで見ると買ってしまう。


昨年の割田シェフのシュトーレン、美味しかったなぁ。忘れられない😋。




by tomoppe-niconico | 2017-12-07 10:39 | パン | Comments(0)
<< 見た目も大事 栗のマーブル食パンの試作など >>